保険のビュッフェで「夫向けの死亡保険」の相談をする時の注意点

夫婦揃って相談をすることをお勧めします

生命保険の話が生じる場合、一般的には収入の柱である夫の万が一の死亡の際の保険金であることが多いです。できることであればあまり話題にしたくないテーマであると言えますが、夫向けの死亡保険は非常にセンシティブな問題ですので取り扱いには注意が必要です。保険のビュッフェで相談する場合にも、基本的には夫婦同席で話をした方が良いでしょう。

どちらか片方だけで話を進めてしまう事は何かしらの問題に発展する場合もありますので控えた方が良いといえます。何かしらの事情がある場合も、保険のビュッフェの担当者を交えて話やすい雰囲気を作るとよいでしょう。

 

無理のない保険金の額を設定すること

万が一のことが起きた場合、その後の家族の生活のために必要な資金を保険金として残すのが生命保険の基本的な考え方であるといえます。しかしながら受け取ることのできる保険金額に応じて月々の保険料が決まる性質を持っていますので、契約をするのであれば月々の生活に置いて負担を感じない程度に収めておく方が良いでしょう。

万が一の被害のために日々の生活が苦しくなってしまっては本末転倒であると言えるのです。そのような金額の見極めについても保険のビュッフェのスタッフは適切なアドバイスをしてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です